×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ視力が落ちるのか?

視力が低下する理由は?

人間は成長するとほとんどの人が視力の低下を感じるようになります。子供の頃から目が悪い方もいますが、大人になってからだんだんと視力が低下していくケースの方が多いのではないでしょうか。

 

視力低下の原因とは、一体何なのでしょうか。視力低下の原因としてまずあげられるのは、酷使です。近くのものを長く見続けたりすることですね。また、その際に部屋が暗いのに照明が眩しいなど、明暗に酷く差がある場合の眼球の疲労は通常よりも増加します。虹彩筋や瞳孔が常に酷使されることになるんです。暗い部屋でテレビを見てはいけない、テレビを見る時は離れて見てください、などの注意文にはちゃんと意味があるんですね。最近では携帯やゲームなどを手にする時間が多いと思いますが、あまり長時間見つめたりせずに、適度に休憩をしましょう。

 

眼球を酷使すると、同時に眼球の動作を支える眼筋も疲労します。そして眼筋が弱るとレンズの焦点を合わせることが難しくなり、視力低下の原因になります。視力は生活をする上で欠かせないものです、そして想像以上に日々酷使されています。休ませてあげる、労わってあげるということを常に念頭においておきましょう。